バスの運行指示書作成システムを導入、事業者団体を支援---国土交通省

自動車 社会 行政
(イメージ)
(イメージ) 全 1 枚 拡大写真
国土交通省は、2016年度補正予算を活用し、バス事業者団体に対して運行指示書作成などを行うシステムの導入を支援する。

軽井沢スキーバス事故の発生を受けた総合的な対策を踏まえ、貸切バス事業者のバス事業者団体への加入を促進する一環。

運行指示書作成などのシステム導入に対する支援事業の公募期間は12月28日まで。補助率は2分の1。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ