【CES 2017】日産、新BOSEサウンド発表…ドライバーに注意喚起

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
BOSEのヘッドレストスピーカー
BOSEのヘッドレストスピーカー 全 1 枚 拡大写真
日産自動車は1月5日、米国ラスベガスで開催中のCES 2017において、新開発のBOSEサウンドマネージメントテクノロジーを発表した。

ドライバーは、怪我や事故につながる様々な要因で、注意散漫になりがち。新開発のBOSEサウンドマネージメントテクノロジーは、ドライバーに注意を喚起し、安全な運転をサポートすることを狙う。

この技術は、ナビゲーションの信号、車両の警告音、ブルートゥースの電話など、音として識別される情報に、ドライバーが対応できるようにしたのが特徴。

また、この技術は、「UltraNearfield」ヘッドレストスピーカーとBOSE固有のアルゴリズムを採用。ドライバーが直感的に音を感じる場所に、シグナルを送り、音が聞こえるようにする。

例えば、左折の指示は、左耳で聞こえる。ブルートゥースの音は、よりドライバーに聞き取りやすくなるようにコントロールされる。日産によると、ドライバーは、こうした音を自分の嗜好に応じて、カスタマイズできるという。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ・ヴィジョン AVTR(CES 2020)
  • CESアジア(イメージ)
  • CES 2020でプレゼンテーションするトヨタ自動車の豊田社長
  • JVCケンウッドがかかげる2030年までの向こう10年間の企業ビジョン
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV