【CES 2017】小糸、センサー内蔵ヘッドライト発表…自動運転用

自動車 テクノロジー ITS
LiDARセンサーを内蔵した小糸製ヘッドライト
LiDARセンサーを内蔵した小糸製ヘッドライト 全 2 枚 拡大写真
自動車ヘッドライトの世界最大手、小糸製作所は1月4日、米国ラスベガスで開幕したCES2017において、LiDARセンサーを内蔵したヘッドライトを発表した。

このセンサーは、米国カリフォルニア州に本拠を置くクアナジー社が開発したもの。小型のソリッドステートLiDARセンサーで、小糸製のヘッドライトに、目立たず組み込むことに成功している。

ヘッドライトに内蔵されたLiDARは、先進運転支援システムや自律走行車システムのメインセンサーとして機能。LiDARはメインセンサーとして、検知、マッピングと位置特定、ナビゲーションなどに使用できる。

この小糸製ヘッドライトには、小型のクアナジーS3ソリッドステートLiDARセンサーを2つ内蔵。これらのセンサーは車両の前方と側面の検知を行い、車両の周囲環境を広範囲にリアルタイム3Dビューで把握。これにより、物体を認識・追跡することが可能になる。

クアナジーのロエ・エルダダCEOは、「この画期的なヘッドライトで、小糸製作所と協力できることに感激している。LiDARセンサーを内蔵したヘッドライトは、自律走行機能付きの自動車の商用化を加速し、運転体験を一変させるはず」と語っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ・ヴィジョン AVTR(CES 2020)
  • CESアジア(イメージ)
  • CES 2020でプレゼンテーションするトヨタ自動車の豊田社長
  • JVCケンウッドがかかげる2030年までの向こう10年間の企業ビジョン
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV