神戸の鉄道5社局、「開港150年」で記念車両 1月13日から運行

鉄道 エンタメ・イベント
「神戸開港150年」記念列車に取り付けられるヘッドマークのイメージ。1月13日から運行される。
「神戸開港150年」記念列車に取り付けられるヘッドマークのイメージ。1月13日から運行される。 全 2 枚 拡大写真
神戸市内に乗り入れている鉄道5社局は1月10日、「神戸開港150年」の記念列車を運行すると発表した。1月13日から5月末頃まで運行される。

発表によると、山陽電気鉄道と北神急行電鉄が各5編成の記念車両を運行。神戸市交通局は市営地下鉄の西神・山手線と海岸線で各2編成の記念車両を運行する。神戸新交通もポートライナーと六甲ライナーで各2編成運行する。神戸電鉄は1編成の運行となる。

記念車両は、神戸開港150年記念事業のロゴマークとメインビジュアルを用いたヘッドマークを編成両端に取り付ける。ただし、北神急行電鉄の記念車両は編成の新神戸方のみ同社キャラクターをデザインしたヘッドマークを取り付ける。山陽電鉄と神戸新交通ではドア横や窓にも開港150年の記念ステッカーを貼り付ける。

記念車両は山陽電鉄が1月13日から5月末頃まで運行。神戸電鉄と神戸新交通は1月13日から3月末頃まで、神戸市交通局は1月13日から3月上旬までとなる。北神急行電鉄の記念車両は1月26日から運行を開始し、3月10日頃まで運行される予定だ。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 6両編成の『36ぷらす3』。南福岡車両区の787系BM15編成を改造したもので、車体は黒メタリックを基調に。787系のフォルムを残しながら、より重厚な雰囲気に仕上がっている。
  • 「こどもから大人まで幅広い世代の方々が、この『DORAEMON-GO!』に乗っている間、前向きな気持ちになっていただきたい!」という想いが込められた「DORAEMON-GO!」のイメージ。 (c) Fujiko-Pro
  • 2014年、初代の「くまもん」ラッピング電車として運行を開始した当時の6221ef+6228A編成。このうち6221号は、フレームに「CFRP」と呼ばれる炭素強化プラスチックを使った川崎重工業製の「ef WING」という台車に交換されたことから、車号が6221Aから6221efに変更された。
  • 冬用の基本制服。『36ぷらす3』の車体イメージである黒を基調に列車の力強さを表現。ジャケットとベストには車体ロゴに使用したゴールドのブローチが付く。
  • 9月9日に発表されていた「鹿児島本線 赤間駅、福間駅、古賀駅、香椎駅、箱崎駅 開業130周年記念乗車券」の記念台紙。
  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。
  • 新駅開業を伝える記者会見の様子。
  • 鬼滅の刃

ピックアップ

Response.TV