JAXA、世界最小のロケット打ち上げ失敗…機体からテレメータを受信できず | レスポンス(Response.jp)

JAXA、世界最小のロケット打ち上げ失敗…機体からテレメータを受信できず

宇宙 テクノロジー

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、世界最小のロケット「SS-520 4号機」の打ち上げに失敗したと発表した。

SS-520 4号機打ち上げ実験を1月15日8時33分00秒、内之浦宇宙空間観測所で実施した。民生技術を用いてロケット・衛星を開発し、3kg程度の超小型衛星の打ち上げの実証を行うことを目的とした実験で、全長9.54mの世界最小のロケット。

ロケットの第1段の飛行は正常に行われたものの、飛行中に機体からのテレメータが受信できなくなったため、第2段モータの点火を中止した。

ロケットの追跡は正常に行われ、ロケットは内之浦南東海上の予定落下区域に落下したことを確認した。

《レスポンス編集部》

関連ニュース

編集部ピックアップ

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集