海の緊急通報「118番」は40万件、98%が間違い・いたずら 2016年

船舶 行政
(イメージ)
(イメージ) 全 3 枚 拡大写真
海上保安庁は、海保の緊急通報用電話番号「118番」の2016年通報実績が全管区合計で約40万件だったと発表した。

このうち、海難や人身事故などの有効件数は約5000件で全体の約1%にとどまっており、「間違い電話」や「いたずら電話」が約98%を占めている。ただ、周知活動などの効果もあって「間違い電話」は半減することができた。

海保では、2010年度から毎年1月18日を「118番の日」とし、「118番」の重要性をより一層、多くの人に理解してもらうため、全国で周知活動を行っている。118番は通報の多くが間違い電話などで、十分に浸透していない状況で、海保では、引き続き全国各地で周知活動を展開する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「あかぎ」
  • 「国内初の推薦航路」位置図
  • 2017年3月1日に100歳をむかえる勝浦灯台
  • 東京港晴海埠頭
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV