住友金属鉱山、トヨタ株式を追加取得…二次電池正極材供給の関係強化

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ・プリウス(参考画像)
トヨタ・プリウス(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
住友金属鉱山は1月23日、トヨタ自動車の株式を追加取得し、保有株数が548万2500株(保有割合0.166%)となったことを発表した。

トヨタ自動車は、市場拡大が見込まれる、ハイブリッド車など環境自動車の開発・生産を推進している。住友金属鉱山は、トヨタ自動車の環境自動車に搭載される二次電池正極材を供給しており、両社の関係強化を目的に、2012年、2013年と2度にわたって株式取得を実施してきた。

住友金属鉱山は、材料事業分野で成長が見込まれる二次電池正極材料を柱としてその拡大に注力。今回、有力な需要家であるトヨタ自動車との戦略的関係を強化することが重要であると判断し、株式を追加取得した。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ