【レッドブル・エアレース】ファルケン、公式パートナーに決定…室屋選手も引き続きサポート

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
室屋義秀選手の機体(2016年モデル)
室屋義秀選手の機体(2016年モデル) 全 3 枚 拡大写真
住友ゴム工業は、6月3日・4日に幕張海浜公園で開催される「レッドブル エアレース 千葉大会」に、オフィシャルパートナーとしてファルケンブランドで協賛すると発表した。

千葉大会は、全8戦で開催される「レッドブル エアレース ワールドチャンピオンシップ 2017」の第3戦で、日本では今年で3年連続の開催となる。レッドブル エアレースは、世界トップクラスのパイロットたちが高速で機動性に優れたレース専用の飛行機を使用し、高さ25mに設置されたパイロン(エアゲート)で構成された低空の空中コースを最高時速370kmで飛行して、技の正確さと速さを競う。

また同社は、レッドブル エアレースにアジア人で唯一、マスタークラスに参戦する室屋義秀選手を「チーム ファルケン」として3年連続でサポートすることもあわせて発表した。室屋選手は昨シーズン、母国開催である千葉大会で初優勝を果たし、シーズン総合順位でも6位になるなど、その実力が広く認められている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • FALKEN Porsche 911 GT3R
  • 24時間・24チャレンジ動画「#24in24」
  • ファルケンカラーのポルシェ 911 GT3R
  • ダンロップブースイメージ
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV