エティハド航空、アブダビ発着6路線に787投入 3月から順次 | レスポンス(Response.jp)

エティハド航空、アブダビ発着6路線に787投入 3月から順次

航空 企業動向

エティハド航空のボーイング787
エティハド航空のボーイング787 全 1 枚 拡大写真
アラブ首長国連邦(UAE)のエティハド航空は3月1日から、アブダビ発着の上海、アンマン、北京、ソウル、ベイルート、アテネ線にボーイング787-9を順次投入する。

エティハド航空の787-9(2クラス299席)は乗客に優れた快適さ、エンターテインメント、インターネット接続を提供。エティハド航空は約2年前に787-9の商業運航を開始し、1月25日現在、10機を保有する。今年中に9機の最新機材を受領する予定。

エティハド航空は3月1日から上海線、3月26日からアンマン線、7月1日から北京線、8月1日からソウル線、8月1日からベイルート線に787-9を投入し、通年で使用。アテネ線については、6月1日~9月30日の期間、787-9で運航する。

《日下部みずき》

この記事の写真

/

関連ニュース

編集部ピックアップ

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集