ボッシュ、人工知能の研究センターを新設へ…世界3か所

自動車 ビジネス 企業動向
人工知能を備えたボッシュのロボットKuri
人工知能を備えたボッシュのロボットKuri 全 1 枚 拡大写真
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ボッシュグループは1月27日、AI(人工知能)の研究センター新設に、3億ユーロ(約365億円)を投資すると発表した。

ボッシュグループのAI研究センターは、インドのバンガロール、米国のパロアルト、ドイツのレニンゲンの世界3か所に拠点を置く。当初の従業員は、3拠点合計でおよそ100名を予定する。

AI研究センターの目的は、AI分野の専門知識を強化すること。すでにボッシュは、センサーによって、モノに感覚機能を持たせることに成功。次の目標は、モノに学習し、インテリジェントに行動する能力を身に付けさせること。

ボッシュは5年以内に、AIを備えた製品がボッシュの売上高の10%を占めることを見込む。

ボッシュの取締役会のフォルクマル・デナー会長は、「今から10年後には、AI抜きで作られるボッシュ製品はほとんどなくなっているだろう。製品自体がAIを内蔵するか、少なくともその開発と製造過程でAIが重要な役割を担うようになるはずだ」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボッシュのライダーアシスタンスシステムのイメージ
  • ボッシュが開発した電動車向けの新世代SiCパワー半導体
  • フランクフルトモーターショー2019
  • ボッシュが実用化を目指す空飛ぶタクシー
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/01/31/289646.html/article/2017/01/31/289645.html/article/2017/01/31/289647.html