マツダ、販売順調も円高影響で営業益4割減 第3四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向
マツダCX-9新型
マツダCX-9新型 全 2 枚 拡大写真
マツダは2月2日、2016年4~12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は2兆3486億円(前年同期比-7.8%)、営業利益は1019億円(-41.2%)、経常利益は1179億円(-31.4%)、四半期純利益は799億円(-35.3%)だった。

第3四半期連結累計期間のグローバル販売台数は、『CX-3』や『CX-9』、中国に導入した『CX-4』などの販売が好調だったこともあり、同1.5%増の116万2000台となった。

市場別内訳は、国内が13万2000台(-19.0%)、北米が33万1000台(-4.2%)、欧州が19万1000台(+4.1%)、中国は22万7000台(+28.7%)、その他地域は28万1000台(+1.4%)だった。

売上高は為替相場の円高影響もあり、7.8%の減収。営業利益もコスト改善などの取組みを強化したものの、為替影響等により、同41.2%減となった。

通期連結業績見通しは、為替の円安基調を織り込み、売上高を3兆2000億円(前回予想比+500億円)へ上方修正。しかし、北米等の販売状況および品質関連費用の増加などから、営業利益は1300億円(-200億円)、経常利益は1350億円(-200億円)、純利益は900億円(-100億円)へ下方修正した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・カローラ・ハイブリッド(欧州仕様)
  • 実証試験のイメージ図
  • 東京モーターショー2019でEVを発表予定のマツダ
  • マツダのEVプロトタイプ(e-TPV=技術試作車両)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/02/02/289936.html/article/2017/02/02/289935.html/article/2017/02/02/289937.html