【大阪オートメッセ2017】クラリオン、画面分割表示機能「クワッド ビュー」を参考展示

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
クラリオンの画面分割表示機能「クワッド ビュー」
クラリオンの画面分割表示機能「クワッド ビュー」 全 2 枚 拡大写真
クラリオンは、2月10日から12日までインテックス大阪で開催されるカスタマイズショー「大阪オートメッセ2017」に出展、次世代AVセンターユニット向けに開発中の画面分割表示機能「クワッド ビュー」を参考展示する。

ブースでは、車載用フルデジタルサウンドシステム(FDS)のハイレスポンスサウンドを体感できるデモカーを展示。クラリオン推奨システム搭載車と、ダブルミッドによる中低音充実システム搭載車の2台を用意し、システム構成による音の違いを聴き比べることができる。

参考展示のクワッド ビューは、4つの異なる情報を同一画面に表示する新機能で、9型ディスプレイで高精細画質を体感できる。また、ハイレゾ音源・デジタル出力にも対応し、FDSサウンドプロセッサー(Z3)のコントロール機能を搭載。FDSコマンダーで行っていた操作を画面上で行うことができる。

そのほか、FDSシリーズのラインアップとして発売するフルデジタルサウンドヘッドホン「ZH700FF」の試聴コーナー、安全走行・駐車をサポートする映像システム「サラウンドアイ」もデモカーで紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルシア(イメージ)
  • フォルシア(ロゴ)
  • クラリオン・フルデジタルサウンド
  • フォルシアクラリオン(東京オートサロン2020)
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ