【トヨタ スズキ 業務提携】トヨタ早川専務「スズキからたくさん学ぶべき点がある」

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ自動車 早川茂 取締役専務役員
トヨタ自動車 早川茂 取締役専務役員 全 3 枚 拡大写真
トヨタ自動車とスズキは2月6日、業務提携に向けた覚書を締結したと発表した。トヨタの早川茂取締役専務役員は同日、東京本社で開いた決算会見で「いわゆるフィージビリティスタディを進めていく項目について合意ができたということで、両社の間で覚書を締結した」と述べた。

早川専務は「スズキとの業務提携を通じて、社会課題の解決、そして自動車社会の健全な発展に向けた提携にしたいということで話を進めてきた」と、2016年10月の業務提携に向けた検討開始表明以降の経緯を説明。

その上で「カンパニー制の導入や組織体制の見直しを続けているが、仕事の進め方、構造改革を進める中で、スズキのスピード感のある仕事の進め方等からたくさん学ぶべき点があると感じている」と、今回の覚書締結の意義を話した。

《小松哲也》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ スープラ RZ 改良新型
  • 初代トヨタ・セリカカムリ(1980年)
  • 高齢ドライバードットコム
  • トヨタ GRヤリス RZ(プロトタイプ)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ