高速道路から一時退出しても料金を通算…PA・SAの間隔が長い3カ所で試行

自動車 社会 行政
「賢い料金」の概要
「賢い料金」の概要 全 5 枚 拡大写真
国土交通省は、高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」を試行すると発表した。

国内の高速道路では、休憩施設同士の間隔がおおむね25km以上離れている空白区間が約100区間存在している。今回、高速道路ネットワークを賢く使う取り組みの一環として、休憩施設の不足に対応し、良好な運転環境を実現するため、全国3カ所の道の駅の利用を考慮し、高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」を試行する。

実験では、ETC2.0搭載車を対象に、高速道路を降りて道の駅に立ち寄り後、一定の時間内に再進入した場合、高速道路を降りずに利用した料金のままとするもの。高速道路の利用1回当たりのターミナルチャージを再徴収せず、一定距離以上を連続して利用した場合の料金割引措置を継続する。

実施するのは道の駅玉村宿(群馬県佐波郡。関越道高崎玉村スマートIC)、道の駅もっくる新城(愛知県新城市。新東名新城IC)、道の駅ソレーネ周南(山口県周南市。山陽道徳山西IC)。

今後、空白区間を半減することを目指し、実施状況を踏まえて、追加で選定する予定。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産自動車追浜工場(参考画像)
  • コンチネンタルの自動運転EV(参考画像)
  • 中型自動運転バスの実証走行の概要
  • 三菱アウトランダーPHEV給電デモ(2019年12月)
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ