世界一遅いスーパーカーをドライブ…レッドブル×キャタピラーがコラボ[動画]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
自動車ジャーナリストが世界一遅いスーパーカー Cat773Gオフハイウェイトラックを運転
自動車ジャーナリストが世界一遅いスーパーカー Cat773Gオフハイウェイトラックを運転 全 4 枚 拡大写真
レッドブルとキャタピラーは、世界一遅いスーパーカー「Cat 773Gオフハイウェイトラック」を自動車ジャーナリストの中三川大地氏がドライブするコラボ動画をLINEアカウント、ホームページ等で公開した。

Cat 773Gオフハイウェイトラックは、全長10メートル、全幅4.5メートル、車両重量50トンの巨大ダンプトラック。その巨体を、排気量2万7000ccの直噴ディーゼルターボエンジンが引っ張り、巨大なベッセルでさらに50トン以上を担ぐことができる世界一遅いスーパーカーだ。

動画では、キャタピラー教習所にて38時間におよぶ運転技能講習を受けた中三川氏が巨大ダンプトラックをドライブ。四輪駆動、定格出力786ps、最高速度67.5kmという、世界一遅いスーパーカーの驚くべき性能を紹介している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • キャタピラー Cat 950 GC ホイールローダ
  • 無人のCat320による自動掘削・積込作業
  • Catコマンド
  • 第1段階:自律制御による割岩作業
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/02/07/290255.html/article/2017/02/07/290254.html/article/2017/02/07/290256.html