パイオニアとHERE、自動運転用高精度地図ソリューションの提供などで提携

自動車 テクノロジー ITS
HERE とパイオニアの新しい協業イメージ
HERE とパイオニアの新しい協業イメージ 全 1 枚 拡大写真
パイオニアとオランダHERE社は2月8日、グローバルな地図ソリューションと次世代位置情報サービスにおいて戦略的な提携を進めていくことに合意したと発表した。

今回の合意は、昨年来両社で進めてきた、パイオニアの「3D-LiDAR」センサー技術を活用し、自動運転用地図の更新・運用を行うデータエコシステムの開発検討に続くもの。

HEREとパイオニアは、それぞれが保有する地図と自動車関連技術などを組み合わせ、業界トップクラスの規模と品質で、グローバルな標準地図の相互提供と自動運転用高精度地図ソリューションの提供に向けた取り組みを進めていく。

両社は、自動車業界などさまざまな業界向けに、パイオニアの市販用デバイスでセンシングしたデータを利用する次世代位置情報サービスを構築し、2018年中の市場導入を目指す。また、それぞれが保有するロケーションプラットフォームの連携や、センシングデータを用いた地図データベースの更新についても検討を進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」
  • docomo in Car Connect
  • 静電タッチセンサーと赤外線センサーを用いた電動オートホールドを搭載
  • イメージ 《写真 アーム》
  • ブラバス V250d カスタムカー
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/02/08/290320.html/article/2017/02/08/290319.html/article/2017/02/08/290321.html