国産初のハイブリッド連節バス、いすゞと日野が共同開発…2019年に市場投入へ

自動車 ニューモデル 新型車
いすゞと日野が共同開発する国産初のハイブリッド連節バス(イメージ)
いすゞと日野が共同開発する国産初のハイブリッド連節バス(イメージ) 全 1 枚 拡大写真
いすゞ自動車と日野自動車は2月13日、国産初のハイブリッド連節バスを共同開発することで合意した。

連節バスは、従来のバスと比べて、効率的な大量輸送が可能となる。今回、共同開発する連節バスは、日本の法規に合わせた車両サイズとし、環境負荷にも配慮してハイブリッドシステムを採用。2019年の市場投入を目指す。

なお生産は、2004年に両社が共同出資で設立したジェイ・バスで行う。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 【MotorTrend】旧車芸人「千原ジュニアの名車再生!プロジェクト」をご紹介
  • 新型BT-50(ダブルキャブ、オーストラリア仕様)
  • マツダ BT50 現行型(参考画像)
  • いすゞ エルガ(左)とエルガミオ
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ

ピックアップ