国産初のハイブリッド連節バス、いすゞと日野が共同開発…2019年に市場投入へ

自動車 ニューモデル 新型車
いすゞと日野が共同開発する国産初のハイブリッド連節バス(イメージ)
いすゞと日野が共同開発する国産初のハイブリッド連節バス(イメージ) 全 1 枚 拡大写真
いすゞ自動車と日野自動車は2月13日、国産初のハイブリッド連節バスを共同開発することで合意した。

連節バスは、従来のバスと比べて、効率的な大量輸送が可能となる。今回、共同開発する連節バスは、日本の法規に合わせた車両サイズとし、環境負荷にも配慮してハイブリッドシステムを採用。2019年の市場投入を目指す。

なお生産は、2004年に両社が共同出資で設立したジェイ・バスで行う。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 NV350キャラバン(2017年)
  • いすゞ D-MAX 新型スクープ写真
  • 日産 アトラス ディーゼル 1.55t
  • 8月26日の朝日新聞・産経新聞・日本経済新聞・毎日新聞・読売新聞に、エルフ60周年を記念した広告を掲載
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/02/13/290549.html/article/2017/02/13/290548.html/article/2017/02/13/290550.html