住友ゴム、営業益17.8%減…海外向けタイヤ好調も円高が影響 通期決算

自動車 ビジネス 企業動向
ダンロップ エナセーブ EC300+
ダンロップ エナセーブ EC300+ 全 1 枚 拡大写真
住友ゴム工業は2月14日、2016年1~12月期(通期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高7566億9600万円(前期比-5.2%)、営業利益732億8400万円(-17.8%)、税引前利益700億9300万円(-21.2%)、純利益413億6400万円(-42.5%)だった。

国内市販用タイヤは、ダンロップ「エナセーブ」シリーズや低燃費タイヤ「LE MANS 4」の拡販に加え、スタッドレスタイヤ「ウインターマックス02」の早期展開、11月の首都圏を含む東日本の降雪影響もあり、売上収益は前期を上回った。国内新車用タイヤは、自動車生産台数が前年同期を下回ったため、売上収益は前期を下回った。

海外市販用タイヤは、北米・欧州をはじめ、中近東、アフリカ、中南米などで販売を伸ばしたが、為替の円高影響により、売上収益は前期を下回った。海外新車用タイヤは、タイや南アフリカ、ブラジルで販売を伸ばし、北米・欧州でも海外自動車メーカー向けを中心に納入を拡大したことにより、販売数量は前期を上回ったが、円高影響により売上収益は前期を下回った。

今期の業績見通しは、売上高8500億円(前期比+12.3%)、営業利益500億円(-31.8%)、純利益330億円(-20.2%)とした。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダンロップ・ビューロVE304
  • ダンロップ グラントレック PT30
  • ダンロップ ウインターマックス03
  • FALKEN Porsche 911 GT3R
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ

ピックアップ