【トヨタ プリウスPHV 新型】内山田会長「これからのエコカーの大本命でありカナメ」

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ・プリウスPHV新型発表会
トヨタ・プリウスPHV新型発表会 全 8 枚 拡大写真

トヨタ自動車は2月15日、『プリウスPHV』を約5年ぶりに全面改良して発売した。2代目となる新型は、EV(電気自動車)走行の性能を高めるなど、世界初の量産PHVだった初代から大きく進化させた。国内では4系列全店で扱い、月間2500台の販売を計画している。

都内で開いた発表会見では、1997年に投入した初代『プリウス』の開発責任者でもある内山田竹志会長が最初に登壇し、「お客様ファーストと環境ファーストという2つの使命に答えるため、異次元の進化を遂げた」と、2代目の開発への想いをアピールした。

そのうえで、PHVは「これからのエコカーの本命でありカナメであり、主流となるクルマ」と強調。「ハイブリッド車(HV)の次は何だと問われれば、PHVであるというのがトヨタの答え」と語った。

会見の質疑では、1月に同社のHVの世界累計販売が1000万台を突破したことに関連し、PHVが1000万台に達する時期を聞かれ「HVより早いのではないか。皆さんの関心も高まっているし、バッテリーやモーターの技術も進化している」と述べた。

《池原照雄》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/02/15/290699.html/article/2017/02/15/290698.html/article/2017/02/15/290700.html