公共交通機関で利用されるハンドル形電動車椅子の要件を見直しへ | レスポンス(Response.jp)

公共交通機関で利用されるハンドル形電動車椅子の要件を見直しへ

鉄道 行政

国土交通省は、鉄道をハンドル形電動車椅子で利用する際の利用者とハンドル形電動車椅子に関する要件見直しを検討するため、2月22日に「ハンドル形電動車椅子の公共交通利用等に関する調査検討委員会」を開催する。※ハンドル形電動車椅子=ハンドルによって向きを変えることのできる電動車椅子

国土交通省では、障害者数の増加や訪日外国人数の急増などで、ハンドル形電動車椅子を取り巻く環境が大きく変化していることを踏まえ、「ハンドル形電動車椅子の公共交通利用等に関する調査検討委員会」を昨年11月に設置した。

ハンドル形電動車椅子による公共交通利用の際の要件の見直しについて検討するため、2月22日に会合を開き、国内のハンドル形電動車椅子の利用に関する調査の結果と海外の電動車椅子の利用に関する調査の結果をテーマに議論する。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

編集部ピックアップ

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集