【小美玉オールドカーミーティング2017】オーテックバージョンなどレアなスカイライン

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
カルソニック スカイライン Gr-A GT-Rとハコスカレーシング
カルソニック スカイライン Gr-A GT-Rとハコスカレーシング 全 36 枚 拡大写真
去る3月5日、茨城県小美玉市の茨城空港で開催された「小美玉オールドカーミーティング in 茨城空港スカイスリーフェスタ」。旧車イベントではお馴染(なじ)みの日産『スカイライン』は、ここでも「GT」と「GT-R」が目立っていたが、ちょっと珍しい車両もあった。

地味ではあるが、おやっと思ったのは「1500 2ドアハードトップ」(1972年)。3代目の”ハコスカ”だが6気筒の2000GT系に比べるとノーズがかなり短い。搭載するエンジンは、プリンス製の直列4気筒OHC1500ccというG15型だ。ホイールやフェンダーミラー以外はほぼノーマル。残存数は少ないと思われる車だった。

もう1台、こちらも地味めだがレアな存在だったのは「R32 オーテックバージョン」(1992年)。搭載するエンジンは220馬力のRB26DE。過給機なしのNAだ。GT-Rのいわば4ドアディチューン版。しかもAT専用モデルである。オーナーによれば普段使いで乗りやすい車だが、高回転ではレーシーな音が楽しめるとか。総生産台数198台という希少車だ。

「ターボ GT-EX」もちょっと珍しい。6代目の”ニューマンスカイライン”で大きなトピックは、4代目のC110型以降途絶えていたDOHCエンジンが復活し「2000RS」が登場したことだったが、こちらはその直前のSOHC+ターボモデル。1981年9月登録の超初期型で、オリジナルを維持していた。

一方、自衛隊の退役機「ファントム」の近くで派手に目立っていたのは、2台の特別展示車両。「カルソニック スカイライン Gr-A GT-R」(プリンスガレージかとりの協力)と、NISSANヒストリックカーエキシビションレースに出場した「ハコスカレーシング」(GT-Rオーナーズクラブ中部の協力)。子供なら室内に入れるとあって人気を博していた。

《嶽宮 三郎》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV