【ポルシェ カレラカップ】スカラシッププログラム、上村優太選手を選出 | レスポンス(Response.jp)

【ポルシェ カレラカップ】スカラシッププログラム、上村優太選手を選出

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

上村優太選手
上村優太選手 全 2 枚 拡大写真
ポルシェジャパンとポルシェ カレラ カップ ジャパン(PCCJ)委員会は、2009年より実施している「PCCJスカラシッププログラム」の継続にあたり、2017年のPCCJへシリーズ参戦するドライバー1名を上村優太選手(21歳)に決定した。

書類選考によって選ばれた6名の若手ドライバーは、2月21日にオーディション最終審査として富士スピードウェイにて、「911 GT3カップ」をドライブ。ラップタイムだけではなくドライバーとしての資質や環境、英語力など総合的な審査による結果、上村選手を7人目のPCCJ若手ドライバーとして選出した。

上村選手は、2013年にカートレースからレーシングドライバーとしてのキャリアをスタートさせた。2014年には鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS-F)に入校し、同スクールを首席で卒業。2015年はFIA F4にステップアップし、6度の入賞と1回のファステストラップを記録しシリーズ11位に、昨年は入賞6回、最高順位2位でシリーズ14位となっている。

上村選手は今シーズン、ゼッケン17番、「Porsche Japan Scholarship」の911 GT3カップを駆り、PCCJのドライビングアドバイザーを務める影山正美氏をはじめ、PCCJ委員会によるサポートを得てシリーズチャンピオンを目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集