「日本一最終列車が早い駅」で入場券が復活 4月1~2日

鉄道 エンタメ・イベント
限定販売ながら31年ぶりに入場券が復活する札沼線新十津川駅。
限定販売ながら31年ぶりに入場券が復活する札沼線新十津川駅。 全 2 枚 拡大写真
JR北海道は、札沼線(学園都市線)新十津川駅の入場券を4月1日から発売する。同駅の入場券は、無人化により1986年3月2日限りで発売終了して以来、31年ぶりの復活となる。

新十津川駅は、2016年3月のダイヤ改正から、日本で一番終発が早い駅となり話題を撒いた。2017年3月改正時点のダイヤでは、9時40分発石狩当別行き5426Dが終発となる。札沼線北海道医療大学以北の存廃問題が注目を集める中、新十津川駅の入場券を求める要望が強くなり、地元有志がJR北海道へ打診。委託販売という形で1000枚の発売が実現することになったという。

4月1・2日には「新十津川駅硬券入場券再販フェスタ」として、新十津川駅前会場で各日9時から14時まで発売。入場券単品のほか、台紙とのセット品も発売する。発売は1人1回につき2枚(セット品は2セット)までとなる。売り切れ次第発売終了となるが、残った場合は、4月3日以降、新十津川駅前の飲食店「寺子屋」での発売となる。トップナンバーの0001番入場券は発売されず、9時から1日駅長を通して新十津川町長へ授与される。

このほか、4月1・2日は、札沼線グッズや鉄道部品の販売、オリジナルパッケージによる終着駅まんじゅうや記念駅弁の販売、なつかしの急行色写真展なども行なわれる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「YouTuber Academy in 西武鉄道」の会場となる玉川上水車両基地。写真は2018年度総合復旧訓練の様子。
  • ゴールデンウィークも運行されることになった芸備線の暫定開業区間。写真は三次駅に停車している芸備線の列車。
  • 広電宮島口駅で発車を待つ宮島線の電車。宮島線では3駅が改称される。
  • 京急空港線の羽田空港国内線ターミナル駅。ここから天空橋駅までの間と、他の区間との間に適用されていた基本運賃の加算額が引下げとなる。
  • 新幹線 (AC)
  • 日本上空の宇宙空間に滞在し、国内での位置情報の測位を向上させる日本の準天頂衛星システム初号機『みちびき』のイメージ。
  • 新青森駅に並ぶ東京行きと新函館北斗行きの『はやぶさ』。東北・北海道新幹線では新青森~新函館北斗間の車内販売が3月15日限りで終了。残る東京~新青森間では『やまびこ』が終了し、『はやぶさ』『はやて』では弁当や軽食類の販売が終了する。
  • 『チャギントン』のキャラクター。

ピックアップ