「日本一最終列車が早い駅」で入場券が復活 4月1~2日

鉄道 エンタメ・イベント
限定販売ながら31年ぶりに入場券が復活する札沼線新十津川駅。
限定販売ながら31年ぶりに入場券が復活する札沼線新十津川駅。 全 2 枚 拡大写真
JR北海道は、札沼線(学園都市線)新十津川駅の入場券を4月1日から発売する。同駅の入場券は、無人化により1986年3月2日限りで発売終了して以来、31年ぶりの復活となる。

新十津川駅は、2016年3月のダイヤ改正から、日本で一番終発が早い駅となり話題を撒いた。2017年3月改正時点のダイヤでは、9時40分発石狩当別行き5426Dが終発となる。札沼線北海道医療大学以北の存廃問題が注目を集める中、新十津川駅の入場券を求める要望が強くなり、地元有志がJR北海道へ打診。委託販売という形で1000枚の発売が実現することになったという。

4月1・2日には「新十津川駅硬券入場券再販フェスタ」として、新十津川駅前会場で各日9時から14時まで発売。入場券単品のほか、台紙とのセット品も発売する。発売は1人1回につき2枚(セット品は2セット)までとなる。売り切れ次第発売終了となるが、残った場合は、4月3日以降、新十津川駅前の飲食店「寺子屋」での発売となる。トップナンバーの0001番入場券は発売されず、9時から1日駅長を通して新十津川町長へ授与される。

このほか、4月1・2日は、札沼線グッズや鉄道部品の販売、オリジナルパッケージによる終着駅まんじゅうや記念駅弁の販売、なつかしの急行色写真展なども行なわれる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 羽越本線を走るE653系1000番台の特急『いなほ』。酒田~秋田間から運行を再開する。
  • 国からの支援は2020年度まで。それ以降の継続については地域の利用促進への取組みを考慮した上での法改正を待たねばならず、北海道としては少額ながら支援する方向へ舵を切ろうとしている。写真は維持困難線区のひとつに挙げられている留萌本線深川~留萌間の列車。
  • 金色をベースに市松柄とグラデーションを交えた「和モダン」とした、開業90周年記念車両の車体イメージ。
  • 6月14日から16日にかけて相次いで「道の駅あびらD51ステーション」に搬入され、載線した国鉄色のキハ183 214(左)とD51 320(右)。D51 320は背後にある「追分機関庫」と称した車庫に入る。
  • 伊豆急行100系クモハ103号
  • 復旧工事が進捗しているという流出した第1三篠川橋梁。写真は流出当時のもの。
  • 東武鬼怒川線新高徳駅から急カーブ・急勾配を下っていく東武の100系「スペーシア」。
  • 釧網本線を走る普通列車。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/03/20/292336.html/article/2017/03/20/292335.html/article/2017/03/20/292337.html