大阪駅のホームドア、まず6番線から 4月22日

鉄道 企業動向
大阪駅に設置されるホームドアのイメージ。まず4月22日から6番線ホームドアの使用が始まる。
大阪駅に設置されるホームドアのイメージ。まず4月22日から6番線ホームドアの使用が始まる。 全 2 枚 拡大写真
JR西日本は3月22日、大阪駅(大阪市北区)の6・7番線ホームで設置工事を進めている可動式ホーム柵(ホームドア)について、4月22日の初発から使用を開始すると発表した。

大阪駅の6・7番線ホームは東海道本線(JR京都線・JR神戸線)の普通列車が発着している。発表によると、4月22日に使用を開始するのは、尼崎方面の普通列車が停車する6番線ホームのホームドア。長さは約140mあり、高さは約1.3m、ドア部の幅は約2.9mになる。

大阪駅にホームドアが導入されるのは、これが初めて、JR西日本は7番線のホームドアも今春から使用を開始する予定としている。

《草町義和》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV