名古屋ゆとりーとライン、平日夕方ラッシュ時に増発…輸送密度は8000人台に

鉄道 企業動向
高架橋の専用通路を走るゆとりーとラインのバス。4月1日のダイヤ改正で平日夕方ラッシュ時の増発を行う。
高架橋の専用通路を走るゆとりーとラインのバス。4月1日のダイヤ改正で平日夕方ラッシュ時の増発を行う。 全 2 枚 拡大写真
名古屋ガイドウェイバスは4月1日、ガイドウェイバス志段味線(ゆとりーとライン)のダイヤ改正を行う。平日夕方ラッシュ時の混雑緩和策として増発する。

案内によると、16時台に2本、19時台と20時台に各1本増発。これにより平日帰宅時間帯の混雑緩和を図る。現在の小幡緑地初発便は2分早め、名古屋市営地下鉄名城線に乗り換えしやすくする。

一般道を走る区間では「遅延状況など運行実態」を踏まえるとして、高蔵寺~竜泉寺口間の所要時間を見直す。中志段味~高蔵寺間では増発を行う。

ゆとりーとラインは2001年3月に開業。案内輪を装備したバスが案内レール付きの専用通路を走行する「ガイドウェイバスシステム」を採用している。大曽根(名古屋市東区)~小幡緑地(守山区)間6.5kmは高架橋の専用通路を走行。小幡緑地駅から先は一般道に乗り入れ、中志多味や高蔵寺などまで運行されている。

専用通路は路面電車と同じ軌道法が適用されており、名古屋ガイドウェイバスが軌道経営者となっているが、バスの運行は名古屋市交通局に委託している。国土交通局の公表資料によると、専用通路区間の1日平均通過人員(旅客輸送密度)は2002年度が4370人だったのに対し、2014年度は8320人まで膨れあがっている。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 6両編成の『36ぷらす3』。南福岡車両区の787系BM15編成を改造したもので、車体は黒メタリックを基調に。787系のフォルムを残しながら、より重厚な雰囲気に仕上がっている。
  • 「こどもから大人まで幅広い世代の方々が、この『DORAEMON-GO!』に乗っている間、前向きな気持ちになっていただきたい!」という想いが込められた「DORAEMON-GO!」のイメージ。 (c) Fujiko-Pro
  • 2014年、初代の「くまもん」ラッピング電車として運行を開始した当時の6221ef+6228A編成。このうち6221号は、フレームに「CFRP」と呼ばれる炭素強化プラスチックを使った川崎重工業製の「ef WING」という台車に交換されたことから、車号が6221Aから6221efに変更された。
  • 冬用の基本制服。『36ぷらす3』の車体イメージである黒を基調に列車の力強さを表現。ジャケットとベストには車体ロゴに使用したゴールドのブローチが付く。
  • 9月9日に発表されていた「鹿児島本線 赤間駅、福間駅、古賀駅、香椎駅、箱崎駅 開業130周年記念乗車券」の記念台紙。
  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。
  • 新駅開業を伝える記者会見の様子。
  • 鬼滅の刃

ピックアップ

Response.TV