BMW、「全車」にマイルドハイブリッド設定へ 2025年までに

エコカー ハイブリッド
BMW4シリーズ
BMW4シリーズ 全 1 枚 拡大写真
ドイツの高級車メーカー、BMWグループがすべてのラインナップに、マイルドハイブリッド技術を採用する計画を掲げていることが分かった。

これは3月21日、BMWグループがドイツで開催した年次プレスカンファレンスで明らかにしたもの。同社の取締役会のハラルド・クルーガー会長は、「2025年までに、BMWグループの全内燃機関車が、12Vおよび48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載する」と発表している。

12/48Vのマイルドハイブリッドシステムは、欧州の自動車メーカーが力を入れている技術。フルハイブリッドに対して、低コストで燃費向上の効果を引き出せるメリットに、欧州勢は着目している。

環境対応車の本命といわれるEVやFCVは、インフラ整備などの面から、本格的な普及は、まだ先となる見通し。BMWグループは当面は主流であり続ける内燃機関車については、マイルドハイブリッドを重視していく方針。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現行BMW X1 のPHV「X1 xDrive 25e」(参考)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 318i
  • BMWグループの電動車両
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ