京阪電鉄、京橋駅にホームドア整備へ…ドア数統一を前倒し

鉄道 企業動向
京阪本線の京橋駅。2020年度をめどにホームドアが導入される。
京阪本線の京橋駅。2020年度をめどにホームドアが導入される。 全 2 枚 拡大写真
京阪電気鉄道は3月30日、京阪本線の京橋駅(大阪市都島区)にホームドアを整備すると発表した。2020年度をめどに一部のホームで試験的に導入する。

京阪本線の車両は形式によってドアの数や位置が異なるため、ホームドアの整備が難しい。京阪電鉄の発表によると、今後の車両更新では片側5ドアの車両を3ドア車に置き換える計画を一部前倒しし、ドア数の統一を図る。

3ドア車でも車両形式によってドアの位置が異なることから、ドア位置が異なる車両にも対応できる新型ホームドアの検討を2017年度から2019年度にかけて実施。2020年度をめどに京橋駅の一部で試行整備を行う。その後、性能などを確認次第、同駅の1・2番線ホーム(京都方面行き)で本整備を進める方針だ。

《草町義和》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV