OKI、コネクテッドカー向け多方向電磁波環境試験サービスを開始

自動車 テクノロジー 安全
リバブレーションチャンバー内で電磁波を持続的に反射反響させるための電磁波攪拌装置
リバブレーションチャンバー内で電磁波を持続的に反射反響させるための電磁波攪拌装置 全 1 枚 拡大写真
OKIエンジニアリングは、リバブレーションチャンバーを新設し、4月3日よりコネクテッドカー向け多方向電磁波環境試験サービスを開始したと発表した。

コネクテッドカーの車載電子機器は、自動車の安全・安心のためにいかなる電磁環境下でも、故障や誤動作がないことを事前確認する必要があるが、従来の電波暗室では、一つの方向からの電磁波に対する耐性試験しかできなかった。新設したリバブレーションチャンバーでは、室内に電磁波を持続的に反射反響させるための電磁波攪拌装置を設置し、多方向からの電磁波耐性試験が可能となっている。

近年、欧米の自動車メーカーでは多方向からの電磁波環境試験を採用し始めており、今後国内でも需要が高まると考えられることから、同社はリバブレーションチャンバーを導入し、これを用いた試験サービスを提供することを決定した。新設備は国際規格IEC61000-4-21に対応しているほか、米軍規格MIL-STD-461、航空機器規格RTCA DO160にも対応。新サービスとともに、国際自動車規格UN/ECER10に対応した「Eマーク取得支援サービス」や、国内外自動車メーカーのEMC規格・評価に幅広く対応し、これらを組み合わせたサービも提供する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV