テスラ モデル3、完全自動運転に対応するハードウェアを搭載へ

エコカー EV
テスラ・モデル3
テスラ・モデル3 全 1 枚 拡大写真
米国のEVメーカー、テスラは4月6日、年内に米国で発売予定の新型EV、『モデル3』に完全自動運転に対応するハードウェアを搭載すると発表した。

すでに、テスラは『モデルS』などに、部分的な自動運転機能を採用。テスラは自動運転機能にアップデートを施し、バージョンアップを図ってきた。

テスラは今後、多くのワイヤレスソフトウェアアップデートを計画。人間のドライバーが運転するよりも、安全に走行できる自動運転車を目指す。

テスラはモデル3の生産開始に向けて、生産ラインの増強、充電ネットワークの拡大、サービス体制の改善、各国での店舗の増強など、さまざまな準備を進行中。同社は、「テスラの車作りの基本は安全性。顧客の安全を守ることは、テスラのすべての決定における大前提」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • テスラのEV
  • テスラ・モデル3
  • ニューヨークのテスラ販売店
  • ドイツで充電器設置の展開を拡大したテスラ(5月26日)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ