スズキ 東芝 デンソー、インドに合弁会社設立…自動車用リチウムイオン電池を製造

自動車 ビジネス 海外マーケット
リチウムイオンバッテリー(参考画像)
リチウムイオンバッテリー(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
スズキと東芝、デンソーの3社は4月14日、インドに自動車用リチウムイオン電池パック製造の合弁会社を設立することで基本合意したと発表した。

インドでは、新しい燃費規制の導入が予定されるなど、大衆車に適した環境技術の市場投入が求められている。今回、3社が合弁で設立する電池パック製造会社は、インド国内でリチウムイオン電池パックの安定供給を実現し、インドの環境車の普及促進に対応していく。

合弁会社は、2017年中に設立し、速やかに生産を開始。製造する電池パックはスズキのインド製造子会社へ供給する計画だ。当初の設備投資額は約200億円。合弁会社の資本金は約20億円、出資比率はスズキ50%、東芝40%、デンソー10%を予定している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 500万台目となったジクサーSF250
  • マルチスズキの鉄道による新車輸送
  • SDL連携イメージ
  • スズキ・ワゴンR 新型(インド仕様)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ