愛知製鋼とニッパツ、トラック用高強度板ばね用鋼を共同開発…燃費改善に貢献

自動車 ビジネス 企業動向
板バネ
板バネ 全 2 枚 拡大写真
愛知製鋼は4月17日、自動車の軽量化・燃費改善に貢献する「高強度板ばね用鋼 AUP30NS」をニッパツと共同開発したと発表した。

トラックのサスペンションに使用する板ばね用鋼は、車軸の位置決めとタイヤから車体への衝撃を吸収する役割があり、優れた強度と靭性(粘り強さ)が求められる。しかし、高強度化するために鋼の硬さを高めると、靭性が低下してしまうことが課題だった。

今回、ニッパツと共同開発した高強度板ばね用鋼は、高硬さ域にて優れた靭性が得られる独自の成分設計と、鋼材製造から板ばね成形プロセスにおいてチタン炭窒化物を析出制御し組織の微細化を可能としたことにより、世界トップレベルの強度と靭性を高次元にて両立した。

トラックをはじめ重量車に対する日本の排出ガス規制は、世界で最も厳しい水準にあり、部品1点ずつにおける軽量化ニーズは高い。今回開発した高強度板ばね用鋼は、重ね板ばねの枚数を減らすなど、自動車の軽量化にも貢献する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動運転の技術実証に使われる営業用車両と同型の「日野ブルーリボンシティ」。
  • 愛知製鋼と先進モビリティの共同出展ブース(イメージ)
  • ANAなど6社による空港制限区域内でレベル3自動運転の実証実験中の小型バス
  • 愛知製鋼と先進モビリティのブースイメージ
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ