【上海モーターショー2017】ルノー R.S. 2027、初公開…2027年のF1は1360馬力

自動車 ニューモデル モーターショー
ルノー R.S. 2027
ルノー R.S. 2027 全 5 枚 拡大写真
フランスの自動車大手、ルノーは4月19日、中国で開幕した上海モーターショー2017において、コンセプトカーの『R.S. 2027 Vision』をワールドプレミアした。

R.S. 2027 Visionは、ルノーが考える2027年のF1マシンを提示したコンセプトカー。ハイブリッドシステムが、大幅な進化を遂げているのが特徴となる。

エンジンはV型6気筒ガソリンターボ。これにハイブリッドシステムの一種である「KERS」を、前後にひとつずつ組み合わせる。KERSは2017年のF1マシンの120kWに対して、4倍以上の500kW。この結果、R.S. 2027 Visionは、最大出力1360psを引き出す。

また、燃料タンク容量は、現在のF1の105kgから60kgへ縮小。ルノーは、「将来のF1は走行距離が短くなり、さらにエキサイティングなレースになるだろう」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 吉利KCコンセプト(上海モーターショー2013) : 後方左に、ボルボから吉利のデザイン担当副社長に移籍したピーター・ホルバリーが見える。
  • 華泰・宝利格(上海モーターショー2013)
  • 天津に開発拠点を持つデンソーとトヨタが共同で開発した「PM2.5除去システム付オートエアコン」
  • 上海モーターショーに出展したフォルシア
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ