ボッシュと中国3社、自動運転で提携…高精度地図を共同開発へ

自動車 テクノロジー ITS
ボッシュの自動運転車
ボッシュの自動運転車 全 1 枚 拡大写真
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ボッシュは4月19日、中国の百度(Baidu)、AutoNavi、NavInfoの3社と自動運転で提携すると発表した。

百度は、中国のインターネット検索最大手。AutoNaviとNavInfoの両社は、中国における地図および位置情報サービス提供企業。

今回の提携は、自動運転車向けの高精度な地図を、共同で開発するのが目的。ボッシュのレーダーや映像センサーで集めたデータを用いて、百度、AutoNavi、NavInfoの3社が、地図の生成とアップデートを手がける。

ボッシュのモビリティソリューション部門、Rolf Bulander取締役は、「中国だけでなく、世界のあらゆる場所において、自動運転には高精度地図が欠かせない」と語っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボッシュの燃料電池パワートレイン
  • ボッシュの自動駐車の実証実験
  • Boschキャンピングカー
  • ADASエーミング作業風景
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ