多言語表示や自動配信…JR東海、ネットや駅の運行案内を強化へ

鉄道 企業動向
液晶ディスプレイに変わる駅改札口の電光掲示板のイメージ。路線図タイプの遅延情報なども表示する。
液晶ディスプレイに変わる駅改札口の電光掲示板のイメージ。路線図タイプの遅延情報なども表示する。 全 2 枚 拡大写真
JR東海は4月21日、駅やインターネットで提供している運行情報を充実させると発表した。まず2019年3月、同社ウェブサイトで提供している運行情報の充実化を図り、これ以降は駅改札口に設置している電光掲示板を順次リニューアルする。

発表によると、ウェブサイトを使った運行情報は、日本語・英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語・タイ語・ドイツ語・フランス語による多言語表示に対応。運行中の列車の位置や遅延状況もリアルタイムで確認できるようにする。運行情報の自動配信サービスも導入する計画だ。

駅の改札口に設置されているLED式の電光掲示板は現在、各列車の列車名と発車時刻、行先、発車ホーム、自由席の位置などを主に表示している。これをLEDから液晶ディスプレイに変更することで、さまざまな情報の表示を可能にする。自然災害などで列車に遅れが生じた場合、路線図式の運行概況や運休列車の一覧、切符の払戻しに関する案内などを一定の時間ごとに切り替えて表示するという。

このほか、駅員や乗務員の携帯端末にも、運行情報を配信する。これにより「お客様によりタイムリーな運行情報をご案内できるようになります」としている。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京メトロ 有楽町線&副都心線用17000系
  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。

ピックアップ