横浜から秩父へ「夜行列車」初運行…車両は『S-TRAIN』 5月26日発

鉄道 エンタメ・イベント
西武40000系(写真)を使用する夜行列車が横浜から秩父まで運行される。
西武40000系(写真)を使用する夜行列車が横浜から秩父まで運行される。 全 4 枚 拡大写真
5月26日から27日にかけ、横浜高速鉄道みなとみらい線の元町・中華街駅(横浜市中区)から西武鉄道西武秩父線の西武秩父駅(埼玉県秩父市)まで、夜行列車が運転される。この区間で夜行列車が運行されるのは、これが初めて。

西武鉄道などの発表によると、「元町・中華街駅発の夜行列車で行く秩父絶景ツアー」と題し、ツアー参加者専用の団体臨時列車として運行される。車両は西武鉄道の40000系電車を使用。40000系は座席のロング・クロス変換機能を備えた新型車両で、有料座席指定列車『S-TRAIN』などで使われている。

夜行列車の運行時刻は「事前に公表しません」としている。乗車駅は元町・中華街駅と東京急行電鉄(東急)東横線の多摩川駅、西武鉄道池袋線の練馬駅の計3カ所。各駅の受付時刻は元町・中華街駅が21時30分~22時頃、多摩川駅が22時10~35分頃、練馬駅が23時10~40分頃になる。西武秩父駅に到着後は、バスで三峯神社へ移動。星空観賞会や雲海鑑賞などを行う。夜行列車とバスには女性専用エリアを設ける。

旅行代金は元町・中華街発が1万2500円。4月27日12時から西武トラベルのウェブサイトで申込みを受け付ける。ただし、練馬発は5月2日10時から駅窓口で受け付ける。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 只見線で運用されている「東北地域本社色」のキハ40形。写真は引退後に小牛田運輸区に留置されていた陸羽東線・石巻線のキハ40形。
  • JR桜木町ビルでの110形蒸気機関車展示イメージ。
  • 大船渡線BRT。今改正では一部が気仙沼線BRTへ直通する。
  • 1月1日に運行された中央線の下り終夜列車。東京オリンピック期間中、中央線では、新宿発が快速線で1時50分頃まで、緩行線で2時頃まで終電時刻が繰り下がる。
  • 315系の外観イメージ。シルバーを基調に、JR東海のコーポレートカラーであるオレンジのアクセントを加えたものとなる。東急電鉄の池上線と東急多摩川線で運用されている1000系に近い印象だ。
  • 川崎市内への延伸が計画されている横浜市営地下鉄ブルーライン。
  • 今春から始まることになった「モバイルPASMO」。オートチャージや定期券購入も可能だが、当初はAndroidスマートフォンのみでの利用となる。
  • 2020年3月14日にデビューする新型特急80000系『ひのとり』。早朝深夜は奈良線特急で上下各1本、日中は名阪特急で上下各6本が運行される。

ピックアップ