MINI、今夏から内装デザインを一部変更…車載コネクトを強化

自動車 ニューモデル 新型車
MINIの最新車載コネクト
MINIの最新車載コネクト 全 4 枚 拡大写真
BMWグループのMINIは5月17日、2017年夏以降の生産車から、インストルメントパネルを一部変更し、車載コネクティビティを強化すると発表した。

MINI『クラブマン』とMINI『クロスオーバー』では、Apple社の「CarPlay」に対応。AppleのCarplayとの統合により、iMessage、電話、Apple Music、Apple Maps、およびApple iPhoneアプリなどへのワイヤレス接続を実現する。

アプリは、8.8インチの高解像度MINIセンターディスプレイに表示。MINIタッチコントローラまたはタッチスクリーンのいずれかを使用して、操作を行う。

また、全モデルに用意されるMINIヘッドアップディスプレイも進化。ヘッドアップディスプレイ表示の高さ設定は、車両キーの個人プロファイルに保存されるようになった。ヘッドアップディスプレイコントローラーは、MINIオペレーティングシステムの別のメニュー項目から、操作できるようになる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • MINI、日本累計販売台数30万台達成
  • MINI クーパーS コンバーチブル 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI 5ドア ローズウッドエディション
  • REMUS(レムス) MINI(F54)クーパーS LCI(2019~)モデル用スポーツマフラー
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ