【オートサービスショー2017】ボッシュ、未来のつながる整備工場を出展予定…AR導入

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
オートサービスショー2017のボッシュブースイメージ
オートサービスショー2017のボッシュブースイメージ 全 1 枚 拡大写真
ボッシュは5月25日、東京ビッグサイトで6月1~3日に開催される自動車アフターマーケット展示会、「第35回オートサービスショー」に出展すると発表した。

ボッシュブースのテーマは、「ボッシュが描く未来の整備工場」。AR(拡張現実)をユーザーインタフェースとする未来の整備工場のデモンストレーションのほか、次世代汎用診断機器、ESIの新しいインフォタイプ、事故記録データ解析ツール、スモークリークテスターの各新製品を紹介する。

ボッシュは将来、ARが「つながる整備工場」のユーザーインタフェースになると考えている。ARは、コネクテッドワークショップによって収集された複雑多岐な診断データの分析結果を、わかり易く、的確に可視化できる。また、ARグラスを使用することで、ハンズフリーで作業を行える。

ARはつながる整備工場のすべての業務において役立ち、効率化と生産性の向上に役立つ。今回のオートサービスショーでは、そのARを使って、ボッシュが描く未来の整備工場のデモンストレーションを行う予定。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボッシュ(フランクフルトモーターショー2019)
  • ボッシュ(フランクフルトモーターショー2019)
  • ボッシュの電動車向け48Vバッテリー
  • ボッシュのベビーカー向け電動アシストシステム「e-stroller」
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 開発車両スクープ写真
  • ポルシェ 718 ケイマン GT4 RS スクープ写真
  • テスラ モデルS P1000 高性能モデル(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/05/29/295364.html/article/2017/05/29/295363.html/article/2017/05/29/295365.html