GSユアサ、リチウムイオン内蔵の自動車エンジンスタート補助用電源を発売

自動車 ビジネス 国内マーケット
エンジンスタート補助用電源PT1000L
エンジンスタート補助用電源PT1000L 全 2 枚 拡大写真
GSユアサは、バッテリー上がりなどに使用する、12V鉛バッテリー専用の自動車エンジンスタート補助用電源「PT1000L」を6月1日より発売する。

PT1000Lは、グループ会社 リチウムエナジー ジャパンが製造する自動車用リチウムイオン電池「LEV21F」を内蔵。鉛蓄電池と比べてエネルギー密度の高いリチウムイオン電池を採用することで高出力、小型・軽量化が可能となり、同社従来品に比べて60%の軽量化に成功した。

また、使用条件に合わせた制御システム開発と設計により、長寿命化と優れた耐久性を実現。厳しい状況下で行われるロードサービスでも安全かつ容易に使用できる。

サイズは幅348×高さ241×奥行140mm、重量5.8kg。価格はオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • EHW4S セルとモジュール
  • GSユアサ タクシー専用高性能カーバッテリー プローダ タクシー PTX-LN1
  • 新工場の外観(イメージ)
  • GSユアサ ハンガリー工場
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ