【WEC 第7戦富士】6時間耐久レース、6月1日より前売りチケット販売開始

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
世界耐久選手権 第7戦 富士6時間耐久レース(参考画像)
世界耐久選手権 第7戦 富士6時間耐久レース(参考画像) 全 5 枚 拡大写真
富士スピードウェイは、10月13日から15日に開催する「世界耐久選手権(WEC)第7戦 富士6時間耐久レース」の観戦チケットを6月1日より発売した。

観戦チケットは公式練習日を含む3日間有効で、指定エリアを除くグランドスタンドやコースサイドの自由席エリアで観戦できる「前売観戦チケット(シングル7200円・ペア1万3000円)」をはじめ、パドックエリアに入場できる「パドックパス(ピットウォーク可・1万8000円)」、グランドスタンド上段の特別個室席「プラチナペアルームパス(7万7200円)」を用意。また、「トヨタGAZOOレーシング応援席(応援グッズ付き・7700円)」も同日より販売を開始した。

指定席券(別途観戦チケット要)は、メインストレートからTGRコーナーのバトルを観ることができる「第1コーナーグランドスタンド指定席券(2800円)」、メインストレートでの攻防やピット作業を一望できる「グランドスタンド2階指定席(2100円)」、家族やグループで利用できる「グランドスタンドグループシート(4万8600円)」、「グランドスタンドマルチスペース(1万6200円)」を用意。また「ピットウォークパス(14日 1600円・15日 2100円)」も販売開始した。

そのほか、ピットビル2階専用ラウンジでの観戦や、決勝レース前に行うグリッドウォークに参加できるなど、特典が付いたVIPパッケージ「ル・マン スピリットクラブパッケージ(2デイ 13万6000円・1デイ 9万7000円)」も用意する。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 復活の『インテグラ』、これが市販型デザインだ!
  2. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】華美な豪華さはないけれど…竹岡圭
  3. トヨタ ハイランダー、RAV4 の兄貴分に2022年型…ハイブリッド専用の新グレード登場
  4. ゴーン被告が今乗ってるクルマは? デーブ・スペクターの質問に…
  5. 【ルノー キャプチャー 新型試乗】短い全長に、1800mmを切る横幅。これだけで「合格!」…岩貞るみこ
  6. ホンダ シビック タイプR 新型のデザインはこれで決定!? トリプルエキゾーストの迫力
  7. 観光バス? キャンピングカー? いえモーターホームです…アソモビ2021
  8. 【MINI クーパー 新型試乗】手放すとまた乗りたくなるのが『ミニ』である…島崎七生人
  9. カワサキ・メグロK3…復活のブランド、絶対的な価値観[写真24点]
  10. スバル『WRXスポーツワゴン』登場へ、正体は2.4ターボ搭載のレヴォーグ 2022年豪州発売
ランキングをもっと見る