BMWグループ、「CarData」を開始…新コネクトサービス

自動車 テクノロジー ネット
BMWグループの「CarData」のイメージ
BMWグループの「CarData」のイメージ 全 1 枚 拡大写真
ドイツの高級車メーカー、BMWグループは5月30日、BMW「CarData」サービスを開始すると発表した。

CarDataは、車両からのデータをベースに、BMWのドライバー向けにカスタマイズされたサービスを提供するもの。安全で透明性の高い、新しい革新的サービスを目指す。

CarDataサービスでは、車両の走行距離、平均燃費、自動サービスコールなどのデータを利用。データの一部は、車両にインストールされたSIMカードを介して、テレマティクスデータとして暗号化された形で送信される。同社によると、BMW、MINI、ロールスロイスの3ブランドのおよそ850万台が、このサービスに対応しているという。

顧客はCarDataのレポートやアーカイブを、ConnectedDriveポータルサイトにアクセスすることで利用可能。顧客にとって、多くのメリットがある。例えば、実際の燃費などに基づいて、保険料を節約できる。また、パーソナライズされたインフォテインメントオプションなど、将来まったく新しいサービスを提供することも可能になる。

BMWグループはCarDataを、まずはドイツで導入し、その後、他の市場へ拡大展開する計画。BMWグループのPeter Schwarzenbauer取締役は、「CarDataは、BMWグループの車両のコネクティビティを新しい次元に引き上げる。 BMW ConnectedDriveの顧客は、革新的でカスタマイズされた新しいサービスを、素早く簡単に利用できる」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ポルシェ カイエン ランボルギーニ ウルス BMW X7 アウディ Q8 アストンマーティン DBX メルセデスベンツ GLS
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • BMWモトラッド R18ドラッグスター
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ