【オートサービスショー2017】タイヤチェンジャーが驚きの進化! タイヤの弾性率診断も可能に…バンザイ

自動車 ビジネス 企業動向
CORGHI UNIFORMITY。操作はすべてモニターの表示に従うだけ。完全にシステム化されている。
CORGHI UNIFORMITY。操作はすべてモニターの表示に従うだけ。完全にシステム化されている。 全 5 枚 拡大写真
バンザイのブースには様々な整備機器が展示デモされていたが、その中でも注目の存在が最新型のタイヤチェンジャー。その名もCORGHI UNIFORMITYだ。その名の通り、タイヤのユニフォーミティ(真円度)を診断できる機能をもつタイヤチェンジャーなのだ。

「ユニフォーミティを測るだけならタイヤバランサーでも可能なタイプがありますが、これは設定荷重をタイヤに掛けた状態で真円度を測ることができるんです」と説明員。

タイヤはベルトのジョイント部など内部構造の切り替え部分やゴムの僅かな硬度の差などから弾性率が均一ではないのだとか。実際に計測したデータを表示してもらうと、最大で150Nもの差がある。タイヤ自体の形状の歪みと、こうした構造上の歪み、さらにはホイールの僅かな歪みを考慮して組み換えれば、弾性率の変化を抑えて実質的なユニフォーミティを高めることができるのだとか。

しかもタイヤによっては真っすぐに進もうとはしない性格が強いものもあるという。

「タイヤの内部構造やトレッドパターンなどの影響で曲がりながら転がっていこうとするタイヤも多いんです。このタイヤもサイドフォースが23N発生することが分かっています」。

こうしたタイヤの特性をチェックするだけでなく、このタイヤを4輪のどの位置に履けばベストなのかという診断までしてくれるのが、このユニフォーミティの凄いところ。

今回のショーでは参考出品だが、欧州ではすでに販売されている製品だとか。反響次第で販売することを検討するそうだが、これを利用すれば高性能車などタイヤにシビアなモデルはさらに走りが洗練されそう。ランフラットタイヤも診断して組み方、4輪の配置を考えれば、乗り心地やハンドリングが向上しそうだ。

タイヤの品質向上、走りの質感向上もこうした最新機器を活用すれば高めることができる。人気ブランドのタイヤが支持される理由も、計測データーなどにより品質から明らかにされるかもしれない。

《高根英幸》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 板金修理を手掛ける工場でよく見かける照明、単に明るくなれば良いというものではない。
  • 大型車用洗車機新型ビッグウォッシャー。高さ4.1メートル、長さ16メートル。基本的に道路を走行できるサイズのクルマはすべて対応可能とのこと。
  • 株式会社アイペックが紹介するイタリア・ラバリオリ社製の移動式大型車用リフト。
  • オートサービスショーでは主にボディの磨き関連の商品を展開。
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/06/05/295715.html/article/2017/06/05/295714.html/article/2017/06/05/295716.html