JNCAP2018、高齢者を考慮した衝突安全性能評価に変更

自動車 テクノロジー 安全
JNCAP2016 結果発表会
JNCAP2016 結果発表会 全 2 枚 拡大写真
自動車事故対策機構(NASVA)は、自動車アセスメント(JNCAP)で、衝突安全性能評価で、高齢者を考慮した試験への変更を検討する。

高齢者が関わる交通死亡事故の比率が高いことから、乗員保護性能評価試験の評価・試験方法の変更を検討する。

具体的には2018年度からフルラップ前面衝突試験で、高齢者を考慮した閾値などに変更する。助手席には小柄な女性を模したダミーを搭する載予定。

側面衝突試験では、高性能の側面衝突用ダミーへ変更する定。衝突模擬車両は大型化する予定。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・アルファードが予防安全性能評価で満点を獲得
  • 日産 セレナ
  • 松山市民病院
  • 東芝の車載向け画像認識プロセッサー「Visconti 4」
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ