アウディ A8 新型、マイルドハイブリッドを標準装備---48V

エコカー ハイブリッド
アウディA8新型の48Vマイルドハイブリッドシステム
アウディA8新型の48Vマイルドハイブリッドシステム 全 1 枚 拡大写真
ドイツの高級車メーカー、アウディは6月8日、7月に初公開する新型『A8』に、48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載すると発表した。

新型A8では、ガソリンとディーゼルエンジン搭載車のすべてに、マイルドハイブリッドシステムが標準採用される予定。アウディによると、ラグジュアリーサルーンのカテゴリーでは、全車マイルドハイブリッド化は初めてという。

マイルドハイブリッドシステムは、48Vのオルタネータースターターとリチウムイオンバッテリーなどで構成。55~160km/hまでの幅広い領域において、走行条件によっては、エンジンが自動的に停止し、燃費を稼ぐ。エンジン停止の時間は最大40秒間で、この間はゼロエミッション走行となる。

また、ドライバーがアクセルペダルを踏み込むと、エンジンが再始動。速度が22km/h以下になった場合も、エンジンが再始動する。

アウディは、48Vマイルドハイブリッドシステムの燃費改善効果について、「100km走行あたり、最大0.7リットルの燃料を節約可能」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アプト・スポーツラインのアウディ S8 新型のカスタマイズプログラム
  • アウディA8新型
  • アウディ A8(2011年)
  • アウディ S8 新型(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ