パノス、612馬力のEVレーサー「GT-EV」発表…ルマン参戦を視野に

エコカー EV
パノスGT-EV
パノスGT-EV 全 4 枚 拡大写真
パノス(PANOZ)とGreen4Uテクノロジーズ社は6月16日、ルマン24時間耐久レース開催中のフランス・サルトサーキットにおいて、新型EVレーシングカーの『GT-EV』を発表した。

GT-EVは、エンジンやハイブリッドパワートレインのレーシングカー同様の性能を備え、長距離耐久レースに参戦することを目標に開発された。

GT-EVでは、前後のモーターを合わせた最大出力が612hpレベル。最高速は290km/hに到達する。ピットストップ時にバッテリー交換を可能にする取り外し可能なバッテリパックを新開発した。ひとつのバッテリーで、最大177km走行可能。

ボディサイズは、全長4877mm、全幅1829mm、全高1219mm。クローズドコクピットのデザインで、カーボンファイバー製のシャシーを採用する。アクティブエアロダイナミクスや、回生ブレーキ技術も導入する。

パノスのドン・パノス代表は、「目標はガレージ56枠を含めて、ルマン24時間レースに参戦すること。学んだことを、市販EVの設計に適用していく」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日本国内で初めて走る姿を披露したソニーのコンセプトEVモデル「VISION-S」
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • Delta EV Charging Station
  • ホンダ e
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ