ライドシェアのUber、全世界での乗車回数が50億回を突破

自動車 テクノロジー ネット
全世界での乗車回数が50億回を突破したUberのライドシェア
全世界での乗車回数が50億回を突破したUberのライドシェア 全 1 枚 拡大写真
ライドシェアサービス最大手のUber(ウーバー)は6月30日、全世界での乗車回数が50億回を突破した、と発表した。

Uberは2010年、米国でサービスを開始。「スマートフォンのボタンを押すだけで、車が来るようにする」を掲げ、ライドシェアサービスの提供を始めた。その後、世界展開し、2015年末には10億回、その6か月後には20億回という大きなマイルストーンを達成してきた。

そして今回、全世界での乗車回数が50億回を突破。サービス開始から、およそ7年で到達した記録となる。50億回目の乗車は、インドのムンバイ、ロシアのモスクワ、コロンビアのメデジンなど、世界24か国で発生。Uberはこの50億回目の乗車を記録した156名のドライバーに、500ドルを贈った。

Uberは、「今後もさらに前進するために、乗客やドライバーに向けた機能を拡充することに、より一層注力し、次の50億回を目指す」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ウーバーが都内でタクシー配車サービスを開始
  • 日産 リーフ(欧州仕様)
  • ヒュンダイ初の空飛ぶ車(模型。CES 2020)
  • 配車アプリの巨人「グラブ(Grab)」がついに日本上陸(写真はシンガポール)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ

ピックアップ