【トヨタ ヴォクシー/ノア/エスクァイア 改良新型】意匠変更、各モデルの個性をアピール

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ エスクァイア Gi プレミアムパッケージ(ハイブリッド車)
トヨタ エスクァイア Gi プレミアムパッケージ(ハイブリッド車) 全 82 枚 拡大写真
トヨタ自動車は、『ヴォクシー』『ノア』『エスクァイア』、ミニバン3車種をマイナーチェンジし、7月3日より販売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは、各モデルの個性をより際立たせたエクステリアへと意匠変更。Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレべリング機能付)と面発光のLEDクリアランスランプの採用や、フロントグリルとリヤコンビネーションランプの意匠変更などにより、ヴォクシーはスポーティさを、ノアは精悍さを、エスクァイアは高級感をより高めたスタイルへと進化した。

また、蓋付きセンターコンソールボックスや格納式助手席シートバックテーブル(カップホルダー2個付)、充電用USB端子(2個)など室内装備を充実。さらにスライドドアにシールを追加し遮音性を高めたほか、ボディ剛性の見直しやショックアブソーバーの改良により静粛性や乗り心地を向上させた。

そのほか、エスクァイアには内装の上質感にこだわった最上級パッケージ「Gi プレミアムパッケージ」を新設定。ラインパターンを配したブラウンレーザーライン加飾や、加飾に合わせ縦基調のキルティングを施したブランノーブに合成皮革を組み合わせた専用シート表皮を採用した。

価格はヴォクシーおよびノアが246万6720円から326万9160円、エスクァイアが267万5160円から335万8800円。

また、ベース車のパッケージオプションとして、乗降時にセカンドシートが回転し前傾するサイドリフトアップチルトシート装着車をヴォクシー「X」、ノア「X」、エスクァイア「Xi」に設定し、2017年10月に発売を予定している。

《纐纈敏也@DAYS》

【画像】【トヨタ ヴォクシー/ノア/エスクァイア 改良新型】意匠変更、各モデルの個性をアピール(82枚)
トヨタ ヴォクシー、ノアの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  4. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  5. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  6. スバル アウトバック 新型、安全性能テストで最高評価獲得…ユーロNCAP
  7. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
  8. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  9. フォード ブロンコ 新型に高性能な「ラプター」、2022年に登場へ
  10. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
ランキングをもっと見る