日本車ライバル視…ヒュンダイ主力SUV、8人乗りへ進化

自動車 ニューモデル 新型車
ヒュンダイ サンタフェ 次期型 スクープ写真
ヒュンダイ サンタフェ 次期型 スクープ写真 全 10 枚 拡大写真
ヒュンダイの大型クロスオーバーSUV、『サンタフェ』次期型のプロトタイプが、ニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

現在韓国メーカーは日本車に対する競争力を高めるため、走行性能、先進技術、デザインなど、特色のあるモデルを開発している。主力となるサンタフェもその任務を負わされた一台だ。

マスキングされたフロントマスクには、ハニカムメッシュのフロントグリル、大口エアダクト、シャープなヘッドライトが確認できる。またコックピットには「RECARO」のシートを装備し、スポーティーな仕上がりを見せている。

また、ホイールベースを延長し、トヨタ『ハイランダー』や、日産『パスファインダー』と競合するよう最大8人乗りになる可能性があるようだ。

パワートレインはガソリン、ディーゼルに加えハイブリッドモデルも投入される見込みで、2018年秋までにはワールドデビューが期待されている。
◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV