関電トンネルトロリーバス、開業53年で6000万人達成

鉄道 企業動向
関電トンネル内の黒部ダム駅に到着したトロリーバス。開業からの累計乗車人員が6000万人に到達した。
関電トンネル内の黒部ダム駅に到着したトロリーバス。開業からの累計乗車人員が6000万人に到達した。 全 2 枚 拡大写真
関西電力は7月6日、関電トンネルトロリーバスの累計乗車人員が6000万人に到達したと発表した。同社はこれに伴い、6000万人達成を記念したキャンペーンを実施する。

キャンペーンは7月7日から6日間実施。扇沢駅で乗車券を購入した先着600人を対象に、黒部ダムオリジナルグッズのトロバスマグネットをプレゼントする。

関電トンネルは、扇沢(長野県大町市)~黒部ダム(富山県立川町)間6.1kmを結ぶトンネル。黒部ダム建設現場への資材運搬用トンネルとして計画された。完成後は山岳観光ルート(立山黒部アルペンルート)の一部として活用することになり、1964年にトロリーバスの運行が始まった。

トロリーバスは法規上、鉄道事業法や軌道法に基づく乗り物で、関電トンネルトロリーバスも関西電力が鉄道事業許可を受けて運営している。

《草町義和》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV