日EUでEPAの大枠合意---部工会の志藤会長「不公平な競争環境が解消」

自動車 ビジネス 企業動向
日本自動車部品工業会の志藤会長
日本自動車部品工業会の志藤会長 全 2 枚 拡大写真
日本自動車部品工業会の志藤昭彦会長は、日EU経済連携協定(EPA)が大枠合意したことについて「歓迎する」との会長コメントを発表した。

協定によってEU向けの9割以上の自動車部品の関税が即時撤廃することとなり「EUにおける不公平な競争環境が解消され、輸出品と現地生産品の輸出構成部品のコストが下がることとなるので、顧客(自動車メーカー)の競争力向上に一層貢献することができる」としている。

また、完成車の関税は段階的に引き下げられ、8年目に撤廃することについても「完成車に搭載される部品の輸出増につながるので、日本の自動車部品産業全体の成長を後押しする波及効果が期待できる」としている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日本自動車工業会の豊田章男会長
  • 自動車工業4団体トップによる合同会見(ネット中継)
  • 北京地下鉄(2月19日)
  • 自動車工業団体の賀詞交歓会で挨拶する自工会の 神子柴副会長
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ