自動車盗が大幅減少、検挙率も55.4%にアップ 2017年上半期

自動車 社会 行政
イメージ
イメージ 全 1 枚 拡大写真
警察庁が発表した犯罪統計資料によると2017年上半期(1~6月)の乗り物盗は前年同期より1万9382件マイナスの10万9784件となった。

このうち、自動車盗は1115件マイナスの5261件と大幅に減った。オートバイ盗は2757件マイナスの1万0022件、自転車盗が1万5510件マイナスの9万4501件だった。

監視カメラやドライブレコーダーの普及で、盗難が減少している模様だ。

乗り物盗の検挙件数は392件マイナス1万0293件で検挙率が前年同期と比べて1.1ポイントアップの9.4%だった。自動車盗が350件増の2915件で検挙率が15.2ポイントアップの55.4%だった。オートバイ盗が614マイナスの1321件で検挙率が13.2%、自転車盗が128件マイナスの6057件で検挙率が6.4%だった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 運転免許証(イメージ)
  • 運転免許証(イメージ)
  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ